×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サラリーマンの起業方法

サラリーマンの起業方法

ノーリスクで起業する方法

サラリーマンが起業する時に最も不安なのは、失敗するリスク稼げるのかということです。

週末起業や副業として在宅で始められるビジネスはたくさんありますが、初期費用が掛からず、週末だけ片手間で始めても月収100万円を短期間で稼げるビジネスモデルは1つしかありません。

片手間でも高い収入を獲得できるほど高い利益率があるビジネスが情報起業です。

情報起業は、ユーキャンのようにマニュアルやDVDなど情報を販売するだけなので初期費用を掛けずに、事務所なども不要で始められるのです。

マニュアルやDVDの原価がかかるのではないか、作り方が分からないと言う方もいるかもしれませんが、販売できてから、売れた分だけお金を支払うだけでいいようになっているのでリスクがまるでないのが情報起業の特徴なのです。

失敗することが不可能なビジネスモデル情報起業ネットビジネス大百科 詳細はこちら!

サラリーマンが起業で稼ぐなら情報起業

サラリーマンが起業で稼ぐなら情報起業

売れて手元にお金が入金されるまでお金がかからないのですから、情報起業に失敗はあり得ません。

しかし、そうはいっても現実に銀行口座にお金が入金されるまでは不安だと思いますので、週末起業や副業から始めることをお勧めします。

アルバイトも未経験だった学生やパソコンを触ったこともない主婦でも開始1か月で月収100万円に到達してしまう情報起業。

サラリーマンが起業のために片手間で始めたとしても3カ月もあれば100万円程度なら間違いなく稼ぐことが可能でしょう。

情報起業は、パソコンさえあれば資格も不要。人脈やコネも必要ないので、今すぐ始めることが可能です。

その情報起業方法のすべてを実質無料で音声解説中なので今すぐ確認してみて下さいね。

サラリーマンの情報起業情報

サラリーマンの情報起業情報

サラリーマンが情報起業で具体的にどのように成功していくかをご紹介します。

まず、ネット上のある無料情報サイトで確実に売れる商品テーマをリサーチします(約1週間)。

このリサーチの段階で、無料でお客様を最低でも1000人以上集客できていますので、ここである程度自信を持って商品(情報商材)の作成に入ります。

情報商材の作成は、音声解説にある方法を使って、成果報酬で請け負ってくれるプロの業者へ丸投げするだけなので、誰でも可能です。

そうして完成した情報商材を無料で集めたお客さんへ販売します。無料でどんどん集客できるので、初月から100万円はどう転んでも稼げてしまうというわけです。

そのまま月収100万円で良ければ、その仕組みのまま何もしなくても問題ありませんが、年収1億円を目指すなら、その稼いだお金の1割くらいを広告費などへ投資してもいいでしょう。

このやる方のすべてを公開した音声解説は、有料なのですが、無条件での返金保証が付いているので、実際は無料です。有料でないと数多く販売できないために有料となっているだけなので、購入後は必ず返金して下さい。

稼ぐ前にお金を使う必要はありませんから。

サラリーマンの情報起業成功事例

就職内定を辞退しました

不況の中なんとか内定は取れたものの、希望の職種ではなくとても不満でした。以前よりいつかは起業したいなぁと思っていた時にこの情報起業に出会いました。

ノーリスクで稼げるなんてうまい話はないと思ったので、お金がかかりそうになったら止めようと思ったのですが、本当に入金され始めたのです。

毎日自分の口座にはお金が振り込まれ、メールボックスにはお客様からの感謝の声が溢れてくるのです。最初は稼げるだけでいいと思っていたのですが、喜ばれるビジネスというのは本当に楽しいです。

今はまだ月収500万円ですが、今年の目標は年収1億円です。もちろん、内定は辞退しました。

定年退職前に辞表を提出しました!

あと数年で定年退職という状況でありながら、住宅ローンはあるし、教育費もかかるので退職後の仕事をどうしようか悩んでいました。

パソコンのスキルがなくても、資金をかけずに始められる情報起業に興味を持ち、妻に内緒で始めました。

すると、未だに漢字変換がうまくできない私でも開始1か月で月収100万円を突破。ほとんど時間をかけた記憶がないのですが、給料の倍くらい稼げてしまいました。

それから半年ほど経ち、今では月収1000万円になってしまったので、定年退職前に会社を退職。今では毎月旅行を送る日々です。

サラリーマンが起業するならインターネットだけで稼げる情報起業がお勧め。

オークション、ドロップシッピングなどのインターネットビジネスよりも利益率が高い上に、FCや代理店よりも初期費用がかからず、リスクがないからです。

サラリーマンが起業して失敗するケースが多いのは、FCや代理店へ加盟して多額の資金を使ってしまうからです。

なので、お金を使わずに短期間で稼げる情報起業は、個人で起業するには最適です。

一人のままでは、年収1億円程度までですが、稼いだ後に事務所を借りて人を雇ったり、広告費投資をすることでさらに大きく稼げるビジネスモデルである情報起業は、主婦や学生でも成功者が続出しています。

Copyright © サラリーマンが起業 All rights reserved